2019.08

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

社会の変化に対応するシステムを

カテゴリ:情報工学科
2019.08.21
 

情報工学科 黒瀬 浩 教授 黒瀬先生は国立群馬高専を卒業して、すぐにコンピュータ会社に就職された。以来、第一線でシステムエンジニアとして活躍しながら、大卒や博士の資格を取られた。移り変わりの激しいコンピュータ業界の歴史とご自身の歩みを振り返ってもらった。

――先生は群馬県のご出身なのですか?

 「いいえ、埼玉県の寄居というところです。国立の高専が埼玉県になかったので、中学を卒業して群馬県に行き、高専に入学し卒業してすぐに働いてしまったのです。ですから大学とか大学院に行ったのは随分後なのです。寄居から高崎に通うのは大変なので寮に入りました。高専はみんな寮が付いているのです」

――では寮でひたすら勉強できた。

 「今、国立高専は進学校になってしまった。東大や東工大に行く裏ルートではないですけれど、高校に進学するより高専に行って編入する方が楽だという。

 私の頃はそこまで進学校ではなかったから、クラスのうち10%くらいが長岡技科大か豊橋技科大に行くような、そんな時代。高専から行くための大学として、この2大学ができて、割と文部省が推薦したのです。

 でも、景気が良かったので学生1人に対して求人は20社以上来ていましたから、就職は簡単に決まりました。行ったらぜひウチに来てくれと、それで終わり」
 
――入社された日本データ・ゼネラルはどのような会社ですか?

 「もうないです。というか、名前が変わってしまいました。かつてミニコンピュータという産業があったのです。データ・ゼネラルは最初IBMに買われ、次にオムロンに買われて、今は三菱化学か何かの傘下の会社で、一時期社員が2000人近くいたのですが、今は300人くらいではないでしょうか」

*注 1960年代初め、コンピュータとは大型のメインフレームのことだった。大企業や官庁しか維持できなかった、これに対し60年代後半から、大学の研究室や中企業でも維持管理できる小型高性能コンピュータが出てきて、これをミニコンピュータ(ミニコン)と呼んだ。次第に高性能になりパソコンやインターネットがでてくる源流となった。

――会社では何を担当されたのですか?

 「システムエンジニア、SEです。人手不足ですから半年ぐらい研修して、すぐに現場に出されたとか、お客のところに行って打ち合わせして、そこで納める製品を決めて来い、みたいな感じです。

 ですから社内講習会とか結構多かったです。アメリカに行って研修を受けてきた人が講習会をやるとか。海外出張も多かったです。私はあまり行かなかったですけれど」

――その頃のSEは具体的にどんな感じのお仕事ですか?

 「今はソリューションとか言っていますよね。お客様に最適なものを作る、そういう時代ではなかったですから。逆に作り手の論理が優先する、いわゆるプロダクトアウトの時代です。会社が作ったものを紹介して、それを使ってもらうという感じです。IBMも富士通もみんなそういう売り方をしていました」

――ずいぶんと時代が変わりました。

 「大型コンピュータ、メインフレームは改造ができないのです。極端に言えば、最初に設置した場所から動かしたら保証外なのです。メインフレームメーカーはコンピュータを設置すると下にテープを貼って、動かせないように。そこから出してしまったら、もう保証外です。

 そのような時代だったので、改造したい人はミニコンピュータを買って、ハードウェアなりソフトウェアなりを自分でくっつけて工夫する。ですから大学には良く売れました」

「システムは想定通り動かないことも」と黒瀬先生――それで働きながらKITの虎ノ門の大学に社会人学生として入られて、さらに総合研究大学院大学(総研大)でドクターを取られたのですか?

 「虎ノ門キャンパスは職場から近かったので就業後に行けました。総研大は神奈川県の三浦半島に本部があるのですが、そこに通ったわけではありません。宇宙科学研究所とか極地研究所とかの国立の研究所の修士以上を名目的に受け入れるための大学院大学なのです。要は各研究所で大学の機能を持ってしまうと、そこに事務などを置かねばならなくなってくるからです。

 私は東京にある国立情報研究所( National Institute of Information, NII )に通って、そこで論文を出して審査を受けてドクターを取ったのです」

――NIIでの研究はどのようなことを?

 「コンテンツ配信ネットワークです。例えばYouTube で動画を観るときに、サーバーにデータを取りに行くわけですが、毎回そこに取りに行くと遅くなるので、途中にコピーを置いておいて、一番近いところから取ると速くなる、ユーザーが待たされなくて済む。そのように途中にコピーを作るというような分野です」

PCは使うだけでなく中身に興味を

――学生の中にもYouTubeやGoogleを研究したいという人はいますか?

 「それは難しいです。YouTubeやGoogleなどのWebサービスは中身を公開しないのです。なので、たまに内部から論文が出てきて、こういう仕組みを使っていますというのが出てくるのですが、出てきた時はもう違うことをやっています。

 あれはアカデミックな活動ではなく、先進的なことに取り組んでいることをアピールする目的だと思います」

映像をチェックする黒瀬先生――しかし、理工系なのだから自分たちも同じようなものを作って儲けようという学生が出てきても良いですよね。

 「日本の学生はそこまでなかなかいかないですね。外国人、例えばベトナムから来た留学生はそういうものを自分でやりたいなどと言うのですが、日本は、情報に来る学生に"なぜ情報に来たの?"と聞くと"ゲームが好きだから"とか"パソコンを使ってみたかった"などと言う答えが多いです。使うことに興味はあるけど、どうやって実現するかといった意欲は年々薄くなっていっている気がします。これは学生だけでなく、日本全体の危機だと思います。

 日本企業も意欲のない日本人を取るのなら、文句は多いけど意欲のあるアジア人を取る方が楽だし将来も可能性があります」

 黒瀬先生によると、ひと昔前のコンピュータ言語COBOLはいまだに銀行などで使われている。しかし、50代以上のSEは使えるが、日本の学校ではほとんど教えていないので、日本の若い人は仕事で必要になると全部、中国などに外注するか、新しい言語に書き換えるかを選択している場合が多いという。アジアには日本からのプログラミング業務を受ける仕事のために、日本であまり使われなくなったプログラミング言語を教える場がいまだにあるのだ。日本人は後10年もすればCOBOLを誰も使えないことになる。

 コンピュータ言語の多様性を守ることや定期的な切り替えも必要なのかもしれない。

< 前のページ