小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

2012年01月 アーカイブ

電気電子工学科 井田 次郎 教授 井田先生は自ら「日本がシリコン半導体の黄金期であった90年代、企業にて、それ行けどんどんの研究開発と実用化を担当してきました」という。興味深い話がうかがえそうだ。

——東大で物理を学ばれたきっかけは何ですか?

 「とにかく量子力学というものに関心がありました。学生の頃、そもそも自然の認識の仕方において量子力学が出てきたところで考え直さなければならないという議論がでてきました。要するに量子力学ではすべてを波だというわけで、物質や粒子でも波だというわけですから。それは一体どういうことなのか。学生時代は確かに若かったので、こうした問題に結構、興味がありました。

 それで、量子力学が一番分かり易く目に見える形で出てくるレーザーに興味を持ったのです。学部、修士ともにレーザー系の研究室にいて、隣の研究室から光を運んで実験するなどというのをやっていました」

——就職もその関係で選ばれたのですか?

 「社会に出るにあたっては、どちらかというと半導体レーザーみたいなもので、インパクトがあるものは何かと考えました。当時はそれがガリウムヒ素という素材だったのです。その大手メーカーが住友電工でした。ガリヒ素をやりたくて住友電工に入ったのですが、シリコンに配属されました(笑)。

 その当時、1980年代ごろですが、鉄鋼メーカーなど、いろいろな業界がLSIに参入しようとしていたのです。住友電工は電線メーカーからシリコン、LSIに参入しようとしたのです。ちょうど、アメリカで技術を学んできた先輩が2人いらっしゃって、私はそこに配属になりました。要するに住友電工としてのシリコン立ち上げに居合わせたのです」

——その頃、作っていたLSIはどんな用途に使われていたのですか?

 「もう忘れてしまいましたけど、それは通信用に1種類だけ製品になっていたみたいな感じですね。その当時、大手電機メーカーはほとんどLSIをやっていて、住友電工はまさに2~3人の世界なのです」

——最初にご苦労された製品なのに忘れてしまうのですか?

 「私は製品というよりも製造のプロセス側ですから、実際の設計とかはみてないのです。どうやって作るかということなのです」

——なるほど。それこそステッパー(半導体製造装置)にどうやって入れていくということですね。

 「そうです。それが肝で転職したと言っても良い。ステッパーを導入しないと、次の話にならないと言う時に、住友電工は全部予算がガリヒ素に行ってしまうことになった。せっかくシリコンをやりかけたのだから、もっとシリコンをやりたいと思ったのです。

 シリコンをやっている大手メーカーを検討したら、大不況の時だったので、大きいところで採用してくれるのは沖と松下電器だけだったのです。ちょうど結婚したばかりだったので、どうせならカミさんの側に戻るかということで、沖に決め、関西から東京に戻ってきました」

——先生は沖電気では超LSI研究センター、プロセス技術センターを経て事業企画部門担当部長などの要職を経験されています。