2016.01

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

2015年12月 アーカイブ

情報工学科 中野 淳 教授 中野先生は東大大学院で物理学(宇宙論)を専攻した後、日本IBMに入社、米国イリノイ大学アーバナ・シーャンペン校に留学。IBM退社後、今度はグーグルに入社という多彩な経歴の持ち主だ。「宇宙論」、「IBM」、「米国留学」のお話も興味深かったが今回は「グーグル」に焦点を合わせて紹介したい。

----先生はグローバル最先端企業、グーグルで働かれました。グーグルは「知の世界を再編成する」とも「世界をググる」とも言われ、その動向が常に注目されています。先生はIBM時代にスカウトされたのですか?

 「いいえ、それまでいたIBMで留学までさせてもらったのですが、向こうで取ったコンピュータ・サイエンスのPh.D.(博士号)をより良く活かせる仕事を求めて、転職先を探したのです。

----グーグルにはいつから?

 「2006年からです」

----では日本でもグーグルはすでに有名だった?

 「有名でした。ただ、東京のオフィスではまだ、エンジニアは30人ちょっとしかいない時代でした。日本での立ち上げ初期には立ち会えなかったのですが面白かったです。IT業界にいる人から見ると"すごい、よかったね"といわれましたが、親世代になると良く知らないとなります。今でもよく使われてはいるけれど、何で儲けている会社なのか知らない人が大部分ではないでしょうか?」

----私も良く知りません。タダで検索させて、何で儲けているのですか?

 「広告です。インターネットの広告。検索の時にでてくる広告や検索しなくてもブログサイトに行ったら出てくるようなバナーの広告とかありますよね。ああいうのをユーザーがクリックするたびに5円とか10円とか50円とかが広告主から支払われるのがチリも積もれば山となるので。

 「医療保険」や「自動車保険」を検索した時、横にでてくるのはもう少し高くて1回クリックするとより大きな額が入ってくる。広告主間の競争が激しいからです。また、すごくマイナーな同人コミック雑誌を検索した時に出てくる広告も、少額ではあるけれども広告費が入ってくる。」

----グーグルは相当、儲かっているという話は良く聞きますね

 「インフラにはものすごい投資をしていますが、1回インフラができてしまえば、ある程度は惰性でも収益は上がる。ただ、やはり競争はあるので常に品質は向上させていかなければなりません」

----"グーグルの秘密"のような解説本を読んでも今ひとつ分からなかったのですが、少し分かりかけてきました。

 「決算書とかを見ないと正確には分からないですが、今でも95%以上は広告だと思いますよ。この収益で先進的な実験プロジェクトをやっているのです」

----先生はグーグル時代、どのような仕事を担当されていたのですか?