2015.11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

2015年09月 アーカイブ

建築学科 山岸 邦彰 准教授 山岸先生はKIT教員録の自己紹介欄に「幼少より地震が嫌いであったため、地震に強い建物づくりを目指して建築を志しました」と書かれている。筆者は今まで多くの耐震工学者、建築構造学者に会ってきたが、地震が嫌いだったので耐震を目指したという研究者は初めてだ。

----地震が嫌いになった理由は何かあるのですか?

 「実家は東京の渋谷区にあります。母親が素人ながらも建築に興味があり、方眼紙と鉛筆を片手に家の改修図面を何枚も書いていたのを覚えています。家の間取りを考えているうちは良いのですが、暗い家はいやだ、通風がないと駄目だ、ということになり大工さんに頼んであちこちの壁に窓を開けてしまったのです。窓を空けろと指示する方も問題ですが、それに応じた大工にも問題があります。そして、よく揺れる家が出来上がりました(笑)。

 私が高校1年生の時に東京で震度5の地震があったのですが、家は激しく揺れ、私の血の気はひき、大げさですが齢15にしてもう死ぬのかなと思いました。そのような体験があったので自分は地震に強い建物を造りたいと。一般的に、建築を目指す人はデザインをやりたいというのが多いのですが、私の場合、デザインはひとまずおいて、とにかく地震に強く、大きい地震がきても内部の人が生き延びることができるような建築を作りたいという思いが強かったのです」

----それで早稲田大学の建築学科に進まれました。構造では何を学ばれたのですか?

 「4年生でゼミに配属されるのですが、当初は耐震構造や地震動などの研究を行うはずでした。しかし、指導教員に地震の揺れをコントロールできる制震技術のデモンストレーションを目の前で見せられ、これは面白いと飛びつき今に至っています(笑)。

 修士ではスロッシング・ダンパー( sloshing damper )について研究しました。スロッシングとは容器内の液体が揺れ動く様子を言い、コップの中の水が揺れている様を想像してくれれば分かりやすいでしょう。

 建物の上部に液体の入ったタンクを置きます。建物の揺れとスロッシングが同調すると建物の揺れが小さくなります。これがスロッシング・ダンパーの原理です。ただし、地震がないときはタンク内の液体は何の役にも立たず、ただのおもりです。そのためにそれを支える柱が大きくなり不経済です。もう少し高率的なスロッシング・ダンパーはできないかと、容器形状や液体の粘度を変えて実験を行いました。」

「地震嫌いだか地震の研究は好き」と山岸先生----実際に日本でスロッシング・ダンパーが使われた例はあったのですか?

 「ありました。1980年代の終わり頃に、香川県の多度津町にあるゴールドタワーという高さ158mの展望タワーで使われていました」

----水は単なる重りではなくて防火用水などで使えないのですか?

 「使用することは可能です。しかし、飲料用としては品質管理などの面で問題があるのと、水量の調整などのためにメンテナンスが必要になるため、実用的ではありません。また、スロッシング・ダンパーは塔のような揺れの周期が長い構造物だと効果的なのですが、周期の短い10階建てぐらいの建物だと、実はあまり効かないのです」

----その後はどのような研究を?