小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

2014年03月 アーカイブ

電子情報通信工学科 青木 茂明 教授 音響学と聞く人はどんなイメージを抱くだろうか? 多くの人はコンサートホールなどの音の響き具合を研究して、より良い空間を設計するような学問を想像するだろう。でも青木先生の音響学は同じ音でもちょっと違った音響学だ。

----青木先生は名古屋工大卒、名古屋大大学院で博士を取られたのですがもともとは金沢のご出身だそうですね?

 「金沢に生まれ高校を卒業する18歳までいましたから、こちらの気候には慣れています。名古屋工業大学で通信工学を勉強し、名古屋大学大学院で師事した先生が電気音響の専門で。そこで初めて音響と出会ったのです。

 音響工学という学問自体は古くからあるのですが、どんどん内容は変わって来ているのです。私が初めてやったのは超音波です。超音波というのは人間には聞こえない音波ですよね。でも大きな超音波を出すと、非線形というのですが、歪みができてきて、それによって指向性の鋭いスピーカーが作れるというのが、その当時分かってきたのです」

----なるほど、スピーカーというのは電気工学だから、その流れからくる音、音響というわけですね。

 「そういうことです。結局、音っていたるところにありますよね。だから音響という分野もすごく広いのですよ。電気音響というのは電気工学から見た音響学なのです」

----卒業後はNTTに入られます。やはり音響関係の研究者として入られるわけですか?

 「そうですね。横須賀、武蔵野、厚木と3つの研究所などを行ったり来たり、その度に住まいも変わりました。やっと自宅に移れたと思ったらここKITの話がきて(笑)。よくある話で。

 私が入った頃から、音響といってもユーザーが人間ですので、人間を中心に据えて、人間がどのように音を感じるとか、どのように感じたら楽しいだろうかを研究テーマにする動きが出ていました。

 NTTですから、昔は電話機で声が伝われば良い、電話機の声がはっきり聞こえれば良いとかそういう時代でした。それがこれからはステレオの時代だから、ステレオ回線を使ってどんなサービスができるか考えようみたいな」

----簡単に言えばステレオ電話のような感じですか?

 「そうそう。昔は回線がたった1本だったのに、これからは64kbps(1秒間に1kビットの情報が送れる回線速度)でステレオ音声になると。では会議に使えるのではという話で。ただ、ご存知だと思うのですが、普通のステレオはスイートスポットという場所があるのです。2つのスピーカーを結ぶ線を底辺とする正三角形の頂点で、そこが一番、音の立体感がでます。そこからずれると、真ん中に聞こえるはずの音がスピーカーの方に偏って聞こえてしまう。要するにステレオ感が得られないような状況になるのです。

 でも会議だったら、スイートスポットだけに人が座っているわけではなくて、ここにも、あそこにも人がいるでしょう。すべての人にある程度定位感をしっかりと与えないとステレオの効果はないですよね。相矛盾するような話なのですが、それを何とかやれということで、そういうのが入社したての時の研究テーマでした」

----その後はどんな研究を?