2014.06

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

2014年04月 アーカイブ

 電気電子工学科 大澤 直樹 准教授 普通の人が朝起きて夜寝るまで、一番多く接触する電子部品は何か? それは恐らくスイッチだろう。朝一番にメールをチェックする人はスマホのスイッチを、お湯をわかす人は電気ポットのスイッチを入れて一日が始まる。また夜寝る時は、部屋の電灯のスイッチを切らなくてはならない。これほど身近な部品はないのではないか。ところが、同じスイッチでも我々に電気を供給してくれる巨大電力システムのそれはほとんど馴染みがない。馴染みがないどころかスイッチ(遮断器)が存在することも知らない人ほとんどだろう。大澤先生は大学からずっと、このスイッチの研究をしてこられた。

----先生がスイッチの研究に入られたきっかけは何ですか?

 「地元・石川県立加賀高校からKIT電気電子工学科に入って博士課程まで行きましたが、指導の先生が大電力用スイッチの専門でしたので、それがきっかけです」

----大電力のスイッチの研究は何が課題なのですか? やはり火花が出るのを防ぐとか衝撃を止めるとかですか?

 「衝撃はそんなにないです。すごい放電はどうしても起きてしまいます。重要なのは小型にすることなのです。日本は変電所の地面が狭いので、いかにコンパクトにするかが勝負になります。最近は地下の変電所も多いので中に収めるには小型の方がいいのです」

----要するに放電は起きてしまうわけですね。

 「はい起きます。このときの電流が大きくて、最大で数万アンペアというとんでもない値なのです。この一瞬に2つの電気接点を離して、電流を切るのです。

 放電というのはどうしても高温になります。これをいかに冷やすかというのも課題です。冷たくすると電流は流れにくくなりますので、放電の周りにガスを吹き付けて、これをいかに冷やすかというのも勝負になります」

----そもそも家庭に電力を供給するシステムになぜスイッチが必要なのですか? 工事の時以外、ずっと電気は流れっ放しなのに。

 「例えば送電線に雷が直撃し送電線が短絡すると、大電流がそのまま送電線を通って変電所に流れ込んできます。最悪の場合、変電所にある変圧器が壊れてしまうのです。壊れると電気を輸送できなくなりますので、それを防ぐためにあるのです」

----そうか落雷事故防止が目的なのか。

 「雷ですと、どこかに落ちれば近くですぐスイッチを切ってしまって、また入れれば復旧できますので、それを瞬間的にやります。大体まばたきしている間に開いて閉じてというのができます。そのぐらいのスピードでポンポンとやっています」

----落雷は主に変電所で感知するのですか?

 「送電線の各所にさまざまな検出器があります。それをつかって落雷などの事故が判断できればすぐにスイッチを開いてまた閉じて、復旧すればそのまま流れていますし、復旧できなければまた開いてというのをパッパッと繰り返していきます。ですから日本ではほとんど停電がないのです」

「日本の電力システムは世界のトップクラス」と語る大澤先生----基本的なことですが、雷がどこかで落ちますね。落ちたというシグナルが変電所に行くのと、雷の電流が流れるのとほとんど同じではないのですか?