2016.08

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小泉成史 (こいずみ せいし)
早稲田大学理工修士。1974年読売新聞入社。1984年マサチューセッツ工科大学ヴァヌ―バー・ブッシュ・フェロー。米国歴史博物館客員研究員。2002-06年テレビ朝日コメンテーター。03年より金沢工業大学客員教授。著書「おススメ博物館」(文春新書)など。

システムをまとめる喜びを伝える

カテゴリ:機械工学科
2016.06.21
 

機械工学科 十河 憲夫(ソゴウ ノリオ)教授 先生の専門、機械工学の中での「燃焼」の研究は恥ずかしながら初めてうかがった。さんざん飛行機には乗ってきたが、ジェットエンジンの開発などにも燃焼の研究は重要だという。日常の便利さが地道な基礎研究に支えられていることを改めて痛感した。

----防衛大のご出身の先生は初めてです。香川県の高校から防衛大に進まれるきっかけは何かあったのですか?

 「子どもの頃は模型づくりに熱中して高校は理数系で、船か飛行機を作りたいと。飛行機のパイロットにもなりたかったのですが目が悪かったので、防衛大で機械をやることに。もともと、防衛大は理工系しかなかったのです。私より1、2年後に文科系ができました。理工系の中で何をやっているのかと言うと、一般のカリキュラムはKITとあまり変わらないです。ただ、プラスアルファがあって、銃器を扱って射撃したり、泳がされたりしました。要するにアメリカで言うとウエストポイントの士官学校ですから。自衛官になるための学校です」

----普通の大学生活とは違うのですね。その後、神戸大学に進まれたのは一般の大学でもっと勉強したくなられたのですか?

 「いいえ。防衛大学校を出ると自衛官に任官するのです。3等陸尉とか、昔の少尉さんに。その中で職域がいろいろ分かれるのです。私は技術職の研究開発の分野に入ったのです。そこから神戸大学に国内留学という形になりました」

----では、あくまで防衛庁の職員として行かれた?

 「そうです、そうです。ここKITでいう社会人過程と同じような感じで行かせて頂きました。」

----と言うことは、お給料をもらいながら勉強ができた? 最高ですね。その頃、学生運動はなかったのですか?

 「ありました。私が自衛官として神戸大学に入ったのが最初だったのです。自衛官を受け入れたのは他に大阪大学、東京工業大学など、あまり多くはないです。私は実家が四国の高松で近いところがないかと。ちょうど神戸大学におられた先生が引き受けても良いよと言われて。私が入ると教職員組合からクレームがついたりしました。でも博士課程まで終了して戻りました」

----神戸大ではどんな研究をされたのですか?

 「機械工学で燃焼とか伝熱を扱っている研究室でした。熱工学的な意味での燃焼で化学反応の細かいところまでは扱いません。

 でも当時の先端で、レーザーや光学計測で燃焼の場の流速や温度を測ったりする実験的な研究をさせていただいたのです。

 例えばジェットエンジンがあります。その燃焼室で、流動場、燃やして炎ができているか? 燃焼領域がきちんと確保できているか? その場では一番効率良く、なおかつ排気ガスを出さずにするにはどうしたら良いのかなどを実験的に調べるのです」

----今だと、スーパーコンピューターを使ってやれそうです。

 「そうですね。30年前ですからスパコンはありません。ジェットエンジンの燃焼室を準備します。それも実用でしたら全部ステンレスかチタン合金を使うのですが、光学計測するので一部を石英ガラスで作り、そこから計測するのです」

----具体的には?

 「レーザーを使って流速を測ります。当時ちょうどレーザー・ドップラー流速計というのが出て来きました。レーザー光の干渉縞を作ってやって、そこに流れがありますと、ドップラー効果で周波数シフトしますので、それをどのくらいシフトしたかを測れば速度が分かるという原理です。それをいろいろな場所で求めていくわけです。1000°C近くで燃えていますから夏場は実験するのが暑くて・・・」

----そこから、どのようなことが分かるのですか?

 「燃焼室の中の流動場を安定させるのに役立つのです。中では渦が巻いていますが、その渦の巻かせ方をどのようにするのか。

 それから、燃焼の途中から空気を入れるのですが、その入れ方をどうするのか。その温度でも中の流動が変わります。実験的にはいろいろ試して、どのような流速分布になっているのかを検証するのです」

----ジェットエンジンというと何となく知っている気がしますが、詳しいメカニズムはあまり知りませんでした。

 「簡単に言うと、圧縮機から空気が入ってきて、次に点火して、燃焼が始まって、高温高圧のガスを吐き出してその反動で進むという具合です。温度があまり上がりすぎると空気中の窒素と反応してNOx(窒素酸化物)が増えてしまうので排気ガスとして良くない」

「防衛庁では色々なことを担当しました」と話す十河先生----神戸大の国内留学を終えて、防衛庁にもどられてからどのような部署につかれたのですか?

 「東京世田谷にある技術研究本部です。その中の開発部門で、どんなことをするのかというと、陸海空の自衛隊の装備品の試作品を作るためのマネジメントみたいな役どころです。昔は国自体が工廠(こうしょう)という工場を持っていましたが、今はありませんから、モノを作る時はメーカーに頼んで作って貰うしかありません。ですから予算を頂いて、それで研究所の力を借りながらモノづくりをマネジメントしていくというのが本部の組織なのです」

----装備品というと具体的にはどんなものがあるのですか?

 「何でもあります。陸上自衛隊のものは幅広いです。戦車もありますし、ミサイルもありますし、通信機材もあります。よく見かける戦闘用の服装とか、それから化学加工品、化学服、サリンなどを分析するような検知器とか。野外衛生といって、野戦での衛生、衛生機材の開発などです」

燃焼の研究も続けたい

----縁があってKITにこられて、ここではどんな研究を?

 「ここの研究所は生体機構制御技術研究所と言います。私は機械ですが他は全部ロボティクス学科の先生方なのです。ですから私は歯車など機械の要素的な部分を担当しています。それと燃焼とか伝熱場など、これまでの延長線上での研究もしています。学生さんにはジャイロとか空気アクチュエーターなどを作ってもらって、それを指導しています。システムをまとめあげることの素晴らしさ、楽しさを伝えることができればと思っています」

歯車の模型を示す十河先生 長い間、自衛隊にいらして戦車とか地雷など、武器に関する知識も豊富だ。開発に関わる具体的なエピソードをうかがいたかったが、「オフレコならいくらでもあります」と言われてしまった。またの機会にうかがいたいものだ。

< 前のページ
次のページ >