会員の皆様、こんにちは。

本日は9月13日(火)に行われた令和4年度の前学期 学位記授与式と本学初の秋期の入学式についてご紹介いたします。

 式典全景.JPG

       (学位記授与式典の壇上全景)

扇が丘キャンパスでは9月13日(火)午前10時より12号館401室(イノベーションホール)において学位記授与式が行われました。

 対象者は大学院工学研究科修了生1名と学部生5名でした。

工学研究科情報工学専攻修了生は修士(工学)の学位が授与され、学部生は学士(工学)の学位が4名、学士(情報学)の学位が1名に授与されました。

 式典は感染症予防のためマスク着用、換気、間隔などを考慮して行いました。

本年度は2名が都合のため欠席し、4名の学生と1名のご家族が参加して行われました。

大学側の出席者は大澤敏学長、鹿田正昭副学長、廣瀬康夫副学長、森本喜隆副学長、谷正史事務局長と学生を指導した教員4名が参加しました。

国歌拝聴.JPG

             (国歌を聞く参加者)

式典は国歌を拝聴することから始り、学位記の授与ではアメリカのロチェスター工科大学の修士学位も同時取得した工学研究科情報工学専攻のJoseph Anthony Zonghi(ジョセフ アンソニー ゾンギ))さんが学位記を受け取り、学部代表として早期卒業の工学部情報工学科 陸田駿弥(ムツダ シュンヤ)さんが大澤学長より学位記を手渡されました。

 修士学位記授与.JPG

  (大澤敏学長より修士(工学)の学位記を授与されるジョセフ君)

 式辞では大澤学長から式典に参加した学生一人一人の事に触れられたのち「金沢工業大学で経験した失敗体験、成功体験を元にイノベーションを起こすリーダーとして社会で活躍してください。社会に出てからは世代を問わず、本当の自分を理解してくれる人と出会い、豊かな人生を送ってください。」と激励し、最後の言葉として「今日の学位取得を支えてくれた家族や友人、仲間のことに今一度想いを馳せ、感謝とともに金沢工業大学の門から旅立ってください。」とお祝いの言葉を述べられました。

学長式辞.JPG

       (式辞を読み上げる大澤学長)

 なお、今回学位を取得された情報工学専攻のJoseph Anthony Zonghiさんはロチェスター工科大学の学位も同時に取得するデュアルディグリー制度での学位取得者であり、情報工学科の陸田駿弥さんは3年半で学位を取得する本学初の早期卒業生でした。

 学長式辞の後、学長表彰が行われ、在学中学長褒賞を19回受賞した陸田駿弥さんが、学長より表彰状を受け取りました。

 式典の最後に大学校歌の演奏を聴き、令和4年度前学期学位記授与式は10時30分頃、無事終了しました。

卒業生のこれからのご活躍を心よりお祈りいたします。

陸田君記念撮影.JPG

       (記念撮影をする陸田さんと大澤学長)

 

【本学初の秋期の入学式を挙行】

  扇が丘キャンパス令和4年度 入学式が9月13日(火)午後1時から12号館イノベーションホールで挙行された。秋期入学者は工学部情報工学科の早期卒業を果たし、大学院工学研究科情報工学専攻に入学した陸田駿弥(むつだ・しゅんや)さん1名でした。

国歌拝聴入学式.JPG

       (国歌を拝聴する式典参加者)

 大学側の参加者は大澤敏学長、鹿田正昭副学長、廣瀬康夫副学長、森本喜隆副学長、谷正史事務局長が参加して行われました。

 式典は国歌を拝聴することから始まり、次に学長式辞へと進みました。式辞で大澤敏学長より「陸田さんは本学の早期卒業第一期の学生となります。この制度にチャレンジした気持ちを持ち続けて後輩たちの道しるべとなっていただきたい。陸田さんには吉田兼好の言葉を送ります。」と声をかけられ、徒然草の言葉「初心の人、二つの矢を持つことなかれ、後の矢を頼みて、初めの矢に等閑の心あり」の解説を交えて、「是非とも失敗を恐れず初心の決意で研究を進めてください」と激励しました。

入学式学長式辞.JPG

         (式辞を述べる大澤学長)

 それに答えて陸田駿弥(むつだ・しゅんや)さんは「学問の本質を学び、研究に邁進します。」と決意を述べました。

新入学生宣誓.JPG

       (新入学生宣誓を行う陸田さん)

最後に大学校歌の演奏を聴き、令和4年度入学式は13時20分頃、終了しました。

陸田さんのご活躍をお祈りいたします。

 

 

会員の皆様こんにちは

 今回は本年度に行われた拯友会地区交流会の結果をお伝えいたします。

本年度の地区交流会は当初56会場で開催する予定で、 6月4日(土)の開催を皮切りに下記の予定で行われました。 

6月 4日(土) 大分※、佐賀※、鹿児島※、宮崎※、熊本、茨城、浜松、静岡
6月 5日(日) 沖縄、長崎、福岡、福島、東京、豊橋、名古屋
6月18日(土) 福井、奈良、長野、秋田、山形、滋賀、広島、山口※
6月19日(日) 京都、松本、高岡、青森※、岩手、宮城、兵庫、岡山
7月 2日(土) 群馬、三重、山梨、愛媛、新潟
7月 3日(日) 埼玉、栃木、千葉、岐阜、神奈川、高知
7月23日(土) 旭川※、帯広※、島根、富山、大阪、香川、能登
7月24日(日) 札幌、北見※、鳥取、上越、和歌山、徳島
7月30日(土) 金沢
8月 6日(土) オンライン学科交流会
                ※参加希望者無しのため中止

 残念ながら参加希望者の無い地区は開催を中止いたしました。

懇談会場では会場設営、進行する職員と懇談資料を準備した教員が各会場を訪れ、

午前開催地区では午前10時より、午後開催地区では午後1時30分より懇談が開催されました。

各地区の参加者数は次の通りでした。

            表:参加者数一覧

参加者数.jpg

 ご参加いただきました皆様ありがとうございます。

また、8月6日にはオンライン学科交流会が開催され、各学科の教員と学生が会員と交流をいたしました。オンライン会議システム「Zoom」を利用した交流会は会員参加者数が121名でした。

収まらない感染症の中、大学と会員、学生の情報交換のため今後とも努力してまいります。

会員の皆様には今後ともご理解とご協力をお願いいたします。

     

     

会員の皆様こんにちは

 今回は8月6日(土)に行われた拯友会オンライン学科交流会についてお知らせいたします。

 当日は12学科別にオンライン会議システム「Zoom」を利用して、各学科の教員と学生による交流会を開催しました。

建築準備.png

        (Zoom配信準備中の建築学科教員と学生)

 交流会は午前10時から開催され、学科の教員による挨拶と司会進行で始まり、現役の学生を交えて自由に発言していただきました。

ロボ 01.png

(参加会員と大学生活などについて説明するロボティクス学科の教員)

 オンラインでの開催ではありましたが、参加された会員のご子女は1年次から大学院生までと様々で、会員間の情報交換をしていただく大変良い場となりました。

 会員からの質問もリアルタイムで応答ができ、とても良い雰囲気で交流会は進み、1時間を予定していた終了時刻を過ぎた11時15分に終了しました。

 このオンライン学科交流会をもって本年度の拯友会地区交流会は全て終了いたしました。

ご参加いただけた方、ご協力いただいた方には心からお礼申し上げます。

会員の皆様こんにちは

 今回は7月30日(土)に行われた拯友会金沢地区交流会についてお知らせいたします。

当日は晴天の中、金沢地区交流会は会場を本学のキャンパス内にある6号館3階の多目的ホールを使用して行われました。案内看板.jpg

   (ライブラリーセンター前の案内看板)

 当日は9:30より懇談が始まり、1組15分程度の時間でご子女の成績や修学状況の説明、進路相談などが行われました。限られた時間ではありますが、子女の大学での様子を直接指導教員から聞くことの出来る貴重な機会となりました。

懇談会場(設営).jpg

    (懇談テーブル設営中の多目的ホール) 

 ご参加いただいた会員数は134組にのぼり、それぞれが真剣に教員と意見交換を行っていました。

 懇談は予定時間を少しオーバーした13時50分頃に終了いたしました。

金沢地区交流会看板.jpg

     (多目的ホール入り口の看板)

今年度の地区交流会はこれで最後となりました。ご参加いただいた会員の皆様に感謝いたします。

 また、8月6日(土)にはオンラインによる学科交流会が開催されます。お申込みいただいた皆様には当日もよろしくお願いいたします。

     

会員の皆様こんにちは

今回は7月23日(土)、24日(日)に行われた拯友会地区交流会についてお知らせいたします。

富山会場入口看板.jpg

      (富山会場の看板)

今回の拯友会地区交流会は

23日(土)に島根、富山、大阪、香川、能登地区で行われ、

24日(日)に札幌、鳥取、上越、和歌山、徳島地区で行なわれました。

上越会場控室 .jpg

       (上越地区懇談待合室の様子)

 対面による個別懇談を全国各地で開催する「拯友会地区交流会」は、30日(土)に本学で行われる金沢地区交流会を残して終了となりました。個別懇談を終えた会員の方からは「大学の授業や就職活動について知ることが出来た」等の感想を頂きました。ご参加いただいた会員の皆様、誠にありがとうございます。

札幌会場.jpg

        (札幌会場の看板)

 また、8月6日(土)には遠隔会議システム「Zoom」を使用した、オンラインによる学科の教員および学生たちとの交流会を企画しております。参加の締切りは7月31日(日)までです。多くの方のご参加をお待ちしております。

和歌山 懇談会場.jpg

      (和歌山地区懇談の準備をする教員)

申し込みは本学ホームページ「保護者の方」の「お知らせ」「学科交流会事前申し込み受付中」をクリックしてください。

申し込み1.jpg

         (Webページの申し込みページ)

世間ではコロナウイルスの「第7波到来」とニュースで騒がれております。

お身体に気を付けてお過ごしください。

会員の皆様こんにちは。

今回は、令和4年度拯友会地区交流会が7月2日(土)、3日(日)に開催されたことをお伝えいたします。

群馬会場看板.jpg

        (群馬会場の看板)

7月2日(土)は群馬、三重、山梨、愛媛、新潟地区で開催され、

7月3日(日)は埼玉、栃木、千葉、岐阜、神奈川、高知地区で開催されました。

群馬個別懇談会場.jpg

    (準備中の群馬個別懇談会場の様子)

本学からは各地区に教員、職員がおもむき、会員の皆様と情報交換を行いました。全国的に猛暑となった土日の中、ご参加いただいた方には誠にありがとうございます。

埼玉個別懇談会場.jpg

  (埼玉地区の個別懇談会場の様子)

次回の7月23日(土)、24日(日)開催をもって、各地区へおもむく地区交流会は最後となります。

 7月30日(土)に本学で開催される金沢地区個別懇談の参加申込は7月10日(日)までとなっておりますので、会員の皆様には是非ご参加いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

会員の皆様こんにちは。

今回は、令和4年度拯友会地区交流会が6月18日(土)、19日(日)に開催されたことをお伝えいたします。

滋賀 看板.JPG

        (滋賀会場の看板)

6月18日(土)は福井、奈良、長野、秋田、山形、滋賀、広島地区で開催され、

6月19日(日)は京都、松本、高岡、岩手、宮城、兵庫、岡山地区で開催されました。

岡山会場.jpg

        (岡山会場の様子)

本年度の拯友会地区交流会は個別懇談のみで、教員と会員が資料を基に大学の事、学生生活、就職などについて情報交換いたしました。

滋賀懇談風景.JPG

      (滋賀会場、個別懇談の様子)

参加された会員からは、「大学で個人懇談があると思っていなかったので、びっくりした」などのお声を頂いた。毎年、全国各地で開催していた会員同士が対面で交流し、教員と個別懇談を行う「拯友会地区交流会」がコロナのため2年間開催出来なかったため、拯友会とその行事のことをしっかりと会員に説明し、お知らせすることが必要だと感じました。

兵庫教員.JPG

       (兵庫会場、懇談の準備をする教員)

他にも「教員から直接大学についてお聞きできたのはよかった」

「分からないことを教えていただき有意義だった」などのお声もいただきました。ありがとうございます。

6月に行われる予定だった拯友会地区交流会は今回で終了しました。

ご参加いただきました会員の皆様、ありがとうございました。

このあと7月にも拯友会地区交流会が行われる予定です。

参加申込をしていただいた会員の皆様には当日よろしくお願いいたします。

広島懇談会場と教員.jpg

        (広島会場と懇談担当教員)

会員の皆様こんにちは

6月4日(土)と5日(日)に本年度の地区交流会がスタートしましたのでお知らせいたします。

IMG_3440.JPG

      (静岡会場の看板)

今年度の地区交流会は「交流会」という名前ではありますが、感染防止の観点から教員との個別懇談のみといたしました。懇談時間もお一人15分と大変窮屈なお時間ではございましたが、修学の様子や大学の情報を直接教員から得ることが出来る貴重な会となりました。

今回の開催地区は4日(土)に熊本、茨城、浜松、静岡で開催、5日(日)に沖縄、長崎、福岡、福島、東京、豊橋、名古屋で開催しました。

02_熊本_交流会会場(保護者控室)入口.JPG

          (熊本会場の様子)

各会場には本学の教職員が訪れ、会員の皆様と個別に懇談いたしました。

IMG_3464.JPG

    (懇談会場で懇談の準備する教員)

当日は懇談予定時間にお越しいただき、ご子女の資料を基に修学や進路、学生生活などについて担当教員と話し合っていただきました。

どの会員様も懇談時間15分をフルに使っていただき、教員と情報交換をされていました。

S__9781267.jpg

          (浜松会場の様子)

参加された会員の方からは「丁寧な対応に安心した」「来年も開催して欲しい」などのお声もいただきました。

拯友会地区交流会は7月30日(土)までの土日で開催予定です。開催情報をWebでご確認いただき、是非ともご参加いただきますようお願いいたします。

保護者の皆様、こんにちは、

 本日は先日行われました拯友会定例総会について紹介いたします。

本年度の拯友会定例総会は「With コロナ」の観点から、3年ぶりの対面式開催として、5月28日(土)午前10時から本学6号館3階多目的ホールで開催されました。

会場01.jpg     

    (開催前の多目的ホール)     

 当日は晴天の中、全国各地から理事と会員が集まり、会場の様子はWebにもオンライン映像が放映されました。

youtube.png

    (YouTubeでの林会長のあいさつ)

総会の資料は来場された会員には冊子が配付され、Webで視聴される方にはサイトに資料を掲載しました。

総会には拯友会会長をはじめとした役員と地区理事、会員が出席し、大学側からは学長、副学長、各部長が出席しました。

 学長挨拶01.jpg

     (挨拶する大澤敏学長)

 会は午前10時より林浩幸会長のあいさつで始まり、

続いて大澤敏学長があいさつと大学の取り組みについて説明しました。

その後、大学側の参加者紹介が行われ、審議が始まりました。

 審議の進行は次のとおりでした。

1.令和3年度 拯友会会務報告
2.審議
   第1号議案 令和3年度 収支決算報告
   第2号議案 令和4年度 役員選出について
   第3号議案 令和4年度 拯友会行事計画について
   第4号議案 令和4年度 収支予算案 について
3.その他

議事進行01.jpg

    (議案を説明する新井部長)

議長は林浩幸会長が第2号議案まで務められ、

第3号議案からは新会長である中村城様が交替して務められました。

中村会長mini.png

   (議事を進める中村新会長)

議案の説明は新井真二庶務部長が行いしました。

議案審議のその他の報告では新井部長より、昨年の学位授与式で拯友会から送られた学位授与念品についての説明や、昨年の拯友会理事会で役員から提案された、就職活動用のオンラインパーソナルブースが3基設置されたことについて報告があり、谷正史事務局長からは本学のウイルス感染状況の説明や成人年齢の引き下げによる「保護者」という呼称について大学の方針を説明しました。

事務局長説明01.jpg

   (谷正史事務局長の説明)

拯友会定例総会は滞りなく、11時05分ごろ終了いたしました。

新役員になられた皆様には1年間大変ではございますがよろしくお願いいたします。

 また、拯友会地区交流会は6月4日(土)から全国各地で始まります。

本年度は個別面談のみの開催です。面談をご希望の皆様はWEB登録していただきご参加ください。

会員の皆様には今後ともご意見を頂きますようよろしくお願いいたします。

 

 拯友会行事につきましては大学ホームページ「保護者の方へ」等で変更などのお知らせに、ご注意いただきたいと思います。

 

保護者の皆様、こんにちは、

本日は本年度の拯友会理事会についてお知らせいたします。

 つつじと7号館.jpg

(5,7号館渡り廊下とつつじ)

 4月23日午前10時から開催された拯友会理事会は「Withコロナ」の観点から感染予防に配慮しながら、2年ぶりとなる対面での会議を開催いたしました。また、当日来場できない理事の方にはオンライン会議ソフト「Zoom」でご視聴いただきました。

 当日は数名の学生に協力してもらい、会場までの誘導や会場内の座席案内、理事会終了後のキャンパス案内などを手伝っていただきました。

 理事会には全国各地から理事13名が集まり、Zoom参加者は18名、理事総数60名のうち45通の委任状で開催されました。

大学側からは学長、副学長、各部長が出席しました。

来場者 .jpg

(会場の来場者の様子) 

 会は拯友会会長の林浩幸氏のあいさつで始まり、大澤敏学長からはあいさつと大学の取り組みについて説明の後、大学側参加者紹介、議案審議へと進みました。審議の内容は次の通りです。

1.令和3年度 拯友会会務報告

2.審議
   第1号議案 令和3年度 収支決算報告
   第2号議案 令和4年度 役員選出について
   第3号議案 令和4年度 拯友会行事計画について
   第4号議案 令和4年度 収支予算案 について
3.その他

議案審議.jpg

 (議事説明中の様子)

 議事については林会長が議長となって進行し、議案の説明は新井真二庶務部長が行いました。その他の事項では、昨年拯友会役員よりご提案頂いたご意見から実際に学内に設置された就職面接等に利用できるパーソナルスペース3基についての説明や、卒業生への記念品として拯友会費から贈ったサーモス(断熱水筒)の説明がありました。議事説明の終了後は理事同士のフリートークを行い理事会は、午前11時10分ごろ終了しました。

 理事会終了後、希望された理事の皆さんとともにキャンパス見学を行いました。2名の学生とともに約7名の理事とキャンパス内の見学し、12時20分ごろすべての日程が終了しました。

ニュートンのリンゴの花.jpg

(1号館前にあるニュートンのリンゴの木の花)

 理事会で承認いただいた議案はこの後5月28日(土)に予定されている拯友会定例総会で決定いたします。

 定例総会、地区交流会のご案内は後日行いますので、会員の皆様には今後ともWEB等のお知らせをご確認いただきたいと思います。