坂倉研究室(グローバル情報工学科)の5年生4名が取り組む、志賀町富来地区の観光振興プロジェクトをPRするポスターがこのほど完成しました。

masuhon_poster.gif

ポスターには金沢高専生が考案したご当地キャラクター「ますほん」が大きく描かれ、何とも言えない「ゆるい」雰囲気です。ますほんは、富来を代表する名所・増穂浦海岸で拾えるサクラ貝をモチーフにしています。

プロジェクトのメインは、富来の観光名所や特産品を紹介するスマートフォン用観光アプリの開発です。撮影した写真とますほんを合成する機能やスタンプラリー、時間と場所に応じたガイド機能にミニゲームなど盛りだくさんの内容です。

masuhon.gif

このプロジェクトは昨年度、大学コンソーシアム石川の「地域貢献型プロジェクト推進事業」の一つに採択され、今年で2年目を迎えました。ますほんもいよいよ本格的にデビューし、富来のPRに活躍し始めています。これを機に、皆さんも一度富来に出かけてみてはいかがですか?

全国高等専門学校プログラミングコンテスト自由部門に出場する学生の皆さんを紹介します。

左から、田村景明先生、小松隼さん(電気電子工学科4年)、北直樹さん(同)、池端大登さん(同)、澤田友樹さん(同)、中山義崇さん(グローバル情報工学科4年)

5人が出場する自由部門は、自由なテーマで独創性を競うもので、応募総数44校(45キャンパス)69チームから、20チームが予選通過を果たしました。

金沢高専チームが開発するのは、誰でも手軽にアーチェリーを楽しめるバーチャルゲーム「アーチェリーエキスパート -一射入魂-」です。スクリーンの中の的に向けて、センサーを付けた特殊な矢を射てポイントなどを競います。実際には矢は飛ばず、バーチャルの矢が画面上に表示される仕組みです。
初心者向けにはゲーム性を高めたモードを、上級者向けには飛距離を競うフライト競技や、地上に描かれた円形の標的を狙うクラフト競技を用意するなど、なかなか凝った仕様になりそうです。

「既存のアーチェリーゲームと決定的に違うのは、本物の弓を使うため、弓を引く重みを感じられるところ」と話す北さんらメンバー。夏休み中も休まず開発に精を出しています。完成が待ち遠しいですね。

試作の弓矢で感覚を測る澤田さん

卒業生の和田憲慈さんが、金沢工大へ進学した友人の石橋俊明さんとともに母校へ遊びに来てくれました。

和田さんは2012年3月に国際コミュニケーション情報工学科(※2009年4月にグローバル情報工学科へ名称変更)を卒業後、アメリカの名門・ロチェスター工科大学に進学し、国際ビジネスを学んでいます。

金沢高専時代には、2年次にアメリカでの1カ月の英語研修に参加したのを皮切りに、3年次にニュージーランドのオタゴ・ポリテクニクに1年間留学、4年次に同じニュージーランドへ2週間のインターンシップに赴くなど、金沢高専の国際交流プログラムをフル活用して多くの海外経験を積み、語学力とグローバル感覚を養いました。卒業研究ではロチェスター工科大の卒業生でもあるロバート・ソンガー講師のもとでデザイン思考に取り組み、学会発表にも精力的に参加しました。

同大学では英語に続いてスペイン語の習得に励み、日本語を学びたいというアメリカ人学生や他国からの留学生らに日本語を教えることもあるそうです。

同大学はインターンシップ制度が充実していることでも知られており、アメリカでの就職も考えている和田さんは、今から楽しみにしているそうです。金沢高専が教育目標に掲げる「グローバルに活躍する技術者」として、和田さんが活躍する日が待ち遠しいですね。これからもがんばってください。

 

 

 

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31